アトリエハートランドホームへ

基本的な技法方法

 

カンマストローク 絵具をたっぷり筆につけ
筆が斜めに入るように構え
軽く力を入れ描きはじめ筆がぬける方向
確認しながらゆっくり引き上げる
 
Cストローク 筆先が水平になる用にかまえて
筆をすべらすように入れ
Cの字をイメージしながら力を加え
また抜いていく筆をすべらすように
ゆっくり引き上げる
 
Sストローク 筆先が斜めになる用にかまえて
筆をすべらすように入れ
Sの字をイメージしながら力を加え
また抜いていく筆をすべらすように
ゆっくり引き上げる
 
ドット スタイラス・筆の柄などに絵具をつけ
絵具をそのまま素材につける
 
サイドローディング 平筆で筆の角に水を含ませもう
片方の角に色をつける
グラデーションがうまくでるまで
パレットの上でなじまて
素材に書き込む
 
ダブルローディング 平筆に筆の角に1色つけもう一つの角に
他の色1色をつける
2色のグラデーションが上手くでるまで
パレットの上でなじませて素材に
書き込む
 
ティアドロップ 絵具を筆に多めにつけ
筆先だけを細く整える かるくすべらせる
用に上から下に下ろし押さえながら
止め描き上がりを確かめながら筆を
上に上げる
 
ティピング 絵具を筆につけもう
1色の絵具を筆先だけにつける
そのままの状態で描きはじめる
 
ライナーワーク
スクロール
細いラインを描く時に使う
絵具が伸びやすいように水やリターダー
で薄めると書きやすくなる
 
ウォッシュ 絵具に水をたっぷり加えて透けるように
塗る
 
ドライブラシ 乾いた筆に少し絵の具をつけ
キッチンペーパで絵具をおとし
残りの絵具で軽く何度も描いていく
 
ステンシル
スティプル
ステンシルブラシをつかい絵具をつけ
じゅうぶんに絵具をパレットなどにおとし
たたきつける用に表現する
 
スポンジング 海綿・スポンジで色をつけたたくように
筆ではできない表現をする
 
マーブリング 海綿・ラップで2〜3色をつかいたたくように
大理石のような表現をする
 
スパッタリング 歯ブラシなどをつかい
絵具を飛ばし表現する
 
クラッキング クラッキング溶剤をつかい
ひびわれを起させ古びた感じに表現する
 
ハイライト 基調となる色より明るい色を重ねて
光のあたる部分を描く表現
 
シェード 基調となる色より暗い色を重ねて
影を描くような表現
 
ベース 図案の基調となる色  
ステイン ステイン剤をつかい木に木目をいかして
色をつける
古びた表現の時にも使う
 
スモーキング

ろうそくを灯し、ステンレス製のパレットナイフ等であぶりすすを出し、そのすすで模様をつける事です

 

 

Atelier HEARTLAND
info@heart.web5.jp